Toppage

コチラのサイトの「ぶらっと!旅行記」では、皆様の旅のレポートを掲載させていただいております。
是非ご覧ください。

日本一マニアックな水族館。深海魚好きな方は一見の価値あり!

最近テレビやニュースで深海魚や深海の生き物が取り上げられることが多く、混んでいるのを覚悟で、家族で休日に沼津深海魚水族館に行ってきました。

まずびっくりしたのが、水族館周りの交通渋滞!休日ということもあり大変混雑しており、駐車場を探すのに一苦労しました。こちらの水族館の駐車場は小さいため、ほとんどの来場客は周辺の駐車場に車を止めています。

水族館にたどり着くと、長蛇の列!30分くらい列に並んで待ちました。真夏だったため、列の途中に氷の入ったバケツがあり、子供が遊べる工夫がされていました。トイレも途中にあったので、待ち時間はそこまで辛くなかったです。

30分ほど並んで水族館内へ。2階建てのこじんまりとした建物です。

中も混雑していたため、1階は列を作って歩きながら見る感じでしたが、それなりにゆっくり見ることができました。館内には、メンダコ、オウムガイ、ダイオウグソクムシ、タカアシガニなど、深海のマニアックな生き物たちがたくさん展示されていました。特にタカアシガニのいる水槽はとても大きくて迫力があり、子供たちは大興奮でした。

そして、2階に行くと目玉のシーラカンスがお出まし!冷凍の個体をはじめ、5体のシーラカンスが展示されています。どれも見やすく展示されており、とてもダイナミック。これまた子供たちは大興奮でした。冷凍の個体は世界でも稀らしく、なんだか得をした気分になれました。

全体的に想像以上にこじんまりとしていて、1時間半くらいで出てきてしまいましたが、とても珍しい深海の生き物が見やすく展示されており、見せ方も面白くて満足でした。深海魚に興味のある方は、一度行っても見てもいいと思います。

また、水族館周りは飲食店が充実しているので、おいしい海鮮物も食べることができてよかったです。

残念な点を挙げると、最近は深海魚ブームで、前に行った名古屋港水族館でもシーラカンス以外の生き物は見れたような気がします。もっとほかの水族館では見られない深海魚を期待していったので、少し残念でした。

また、名古屋港水族館のスケールと比べるとかなり規模が小さい割に、入場料が大人1600円と割高な印象を受けました。デリケートな深海魚の維持設備を考えると仕方ないのですが。

しかし、大人のも子供も楽しめて、子供の自由研究などにもおすすめの水族館です。また機会があれば行ってみたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ